かんのんかんのいずみ

izumi21.exblog.jp

私の心を映す鏡

ノブレス・オブリージ

今宵は満月・・しかもスーパームーンです。

久々の満月浴・・きもちよす・・(〃∇〃)

涼しく、虫の音も清かで、最高に癒されます・・(〃∇〃)

薄雲に取り巻かれた満月は、「薔薇星雲」みたいに
虹色のようなバラ色のような光の輪を雲に投影していて美しいです。




ところで今朝届いたロミ・コミ(中野裕弓さんのメルマガ)こんなで。


Hello! 読者さま

「Noblesse oblige (ノブレス・オブリージ)」

周りに振り回されず自らの信条をもち、
凛として生きているノーブルな人が周りにいますか?
ノーブルな目的を持って仕事に打ち込んでいる人を知っていますか? 

フランス語の Noblesse oblige (ノブレス・オブリージ)とは
高い身分に伴う徳義上の義務のこと。
貴族や位の高い恵まれた人はそうでない人に対して(守ったり、擁護する)
社会的な義務を持つという考え方です。
日本の武士道にも通じるものを感じますね。
これはお人柄にも、仕事にも、目的にも使います。

自分の中にもノーブルな部分を育てたいものです。
社会的、立場的、経済的に恵まれているなら、
率先してそうでない人の役に立つことをしようという考え方、姿勢は、
社会全体をゆたかにしてくれますね。




これですよ(@д@)

と思ったのです。


なんていうか、この世の中、究極はこの

ノブレス・オブリージ

で保たれてるンじゃないのかな?!(@д@)
って思ったのですよね。

いつの時代も、この人類というものは、

ノブレス・オブリージ

すなわち、どんな風な立場であろうとも、
「自分は恵まれている」と自ら思えた人が、
そうでないと思われる人の役に立とうと努めて、
それで成り立ってきたところが大きいンじゃないのかな?!
って、思ったのですよね。

この世界の不穏は・・不調和は・・不具合は・・大難は・・
賢明な方たちの祈りで常に、穏当へ、調和へ、いい具合へ、
小難から無難へ・・・・・
かろうじて収められている・・・・・
という現代の神話を聞いたことがあり、そこそこ信じています。

その「賢明な方たち」というのは

ノブレス・オブリージ

のことではなかろうか、と、思ったのですよね。

よくマザーテレサの寓話に出てくる、
自分の角砂糖を貯めた一握りを、貧しい人にあげてと言った坊やの話・・
あの坊やだって

ノブレス・オブリージ

ってワケなンですよ(@д@)

自分が恵まれていると思ったら、
自分にできることを。少しでも世の中の、誰かの役に立てることを。


と、またしても、しみじみ噛みしめるように思っちゃったのでした。










[PR]
by jewel-of-lotus | 2014-09-10 00:06 | 気づき・想い・共感

私の心を映す鏡


by izumiunicorn