かんのんかんのいずみ

izumi21.exblog.jp

私の心を映す鏡

割と多い種類の「お試し」のこと

私は元々、寄りかかられることが無性に許容できない
とても器のちっさーーーーい人間で、
それでも、器が小さいと自分もつらいし、役に立たないことも多いので、
器を大きくしたいとささやかながら願い、日々試行錯誤しつつ、
でもひたすら一進一退を繰り返す(多分一生)修行の毎日なのですが。


職場で、今まで何度も経験して、そして昨日今日あたりもまた「お試し」的に経験した

人に休まれる

という状態に、またもやパニック的被害妄想とイカリ、恐怖を覚えて凹みましたってお話・・・
書いときたいと思います。



シフトを組んで、必要ギリギリの人数で店舗を守るべくの接客販売の職場で、
誰かに体調不良で突発的に休まれる・・というのは(どこの職場でも同じでしょうが)
心理的肉体的負担がグッと増すので、私にとっては克服がいつも難しい問題なのですね。
(なんてちっさい問題なのか!!といつも思いつつも)
しかも、誰でも体調を崩すことはアルのですから、誰かの突発休みなども自然現象ですが、
それでも中には、比較的気楽に、割と頻繁に、休む人がいるのです。
それはもう、(私の職歴上)いつの時代でも、必ずそういう人が一人くらい現れます。
多分私が引き寄せているのだと思われますが、二人同時に休まれる・・なんていうことも
時たま起こります。

で、いい加減何度も、いつも、人一倍それに「恐怖」とか「辛さ」を感じてしまうのは、
なぜなのか?!と、今一度じっくり考察したくなったワケなのですね。


1.私の器がちーーーーさいから
2.何度もそういう時に、仕事量を裁き切れなくてパニックってトラウマになっているから
3.休む本人や、私自身や、または世の中全体に「不公平感」が根深く巣食っているから

かなーーと、推察するのですが。

でも基本は、「寄りかかられる」 と同じリクツで、

誰かが私に寄りかかって楽な分、支える私がツライ

ってことが、受け入れられるか受け入れられないか、って問題じゃないかト。


それはスコップ団の平さんがよくおっしゃっている

お互いSummer!!!!

の精神とか、やはりGive&Takeってことが、
受け入れられるか受け入れられないか、って問題じゃないかト。


で、私はいつも、表面上は大人らしく、普通に受け入れて仕事しますが、
内心は
「ツライ」「勘弁してほしい」「恐怖」「どうして私がこのような目に」
等々と思ってしまいます。←ホントにキャパが狭いのです
お互いSummer!!!
とはどうしても思えません。
私は極力休まないように一生懸命気を付けているのだから、
あなたもなるべく休まないように気を付けて欲しい

と思ってしまいます。
やっぱりどうしても、
Give&Take
は大キライで、
Give&Give
にしてほしいと思ってしまいます。


また、それとは別に、主観ですが、
しょっちゅう休む人は、十中八九、私が居る日に休むのですね。
(これは時代がいつでも、人が変わってもそうなのです)

それは、また、私が
寄りかかられやすい
(なめられやすいとも言う)の象徴でもあり、
私がそれを無意識に許しているからそうなのか、
逆に、それを極端に許してない(嫌っている)からそうなのか、
それともそれは表裏一体でむしろ両方ともそうなのか、
ギモンが深まるところなのです。


人間性
とか
霊性ってことをまたもや考えてしまいます。

世界中にいろんな局面があって、いろんな人間がいて、
私がラクなのに誰かが極度にツライってことが、厳然と山ほどあって、
そういうことを思う時、せめて私も「私のツライ」を引き受けようって思うのですが、
でもこうして、誰かに寄りかかられるくらいで「寄りかからせたくない」とか思う私も絶対いて、
そういう自分のちーーーささに、いつも凹むのです。

それと、やはりこんなに恵まれている私にも、
なぜか「不公平感」って巣食ってるな~って感じて。

リクツでは、どんなに理不尽に見えても、見えない世界と合体して観てみれば、
つじつまは合って、決して不公平ってことはない・・って分かるンですが、
でもなーんか、世界中を見渡しても、自分の身近を見渡しても、
なーんか、「不公平感」をじわじわ感じさせられることもアルなーって。

だから「不公平」を感じる人は、ラクをしようとして人に寄りかかり、
寄りかかられた人はまた「不公平」を感じて怒ったり、自分もラクしようとしたり・・って?
もしかして自分があんまり幸せを感じてないから、
私が幸せ「そう」に見えるってダケで、
「ちょっとくらい辛い目に合せてやれっ」
って思ったりしちゃうのかな?
なーんて被害妄想的に思ったり、案外ホントかもって思ったり。
それかこんな私が単にキライだから休みたくなっちゃうのかな????( ̄ロ ̄lll)


そんなことをつらつらと思いクヨクヨしていたら、
またしても(毎日拝見してるからしょっちゅう登場は当然っちゃ~当然ですが)
『伊勢ー白山 道』さんの
昨日今日のブログに、ハッとさせられるのでした。

人間の一番の敵は、実は自分自身のマイナスの思い(悩む・悲観・怒り・・・)なのです。
自分自身のマイナスの思いが体内で活性酸素を生み出し、
これが遺伝子を切断していきます。
そして老化を進めたり、病気にも成るのです。
そして自分に何か悪いことが起こりますと、
人は自分以外のモノ(環境・霊・先祖)や他人に原因を見つけようと探します。
でも本当の犯人は、嫌な刺激を自分の心(内在神)に届かせた自分自身だったのです。


悩む・悲観・怒り

これ、私結構三拍子そろいがち・・・( ̄▽ ̄:)

有り難い気持ち、面白い気持ち、嬉しい気持ち

忘れないようにしようって、改めて思いました。

つまり、自分自身の健康・運命・幸運を形成させているのは、
自分が他人に対して抱いた思いの反射だったのです。
だから他人を呪う人は、それが反射して自分を呪う現象が現実化します。
他人の悪口を陰で言う人は、いつか必ずその正邪にそった反射を本人が受け取ります。
だからもし、いわれなき悪口を言われても、
感謝想起をしながら自分がより反射精度の高いカガミを意識していれば、
その相手に早く反射します。


結局、私の中にアルものを、鏡にして見せられてるのは間違いないよね、って
改めて思い、また色々気を取り直すのでした。


昨日の山田ズーニー先生の文章も
こんなで、
キライっていうのも、それはそれで、しょーがないか
なーんても思って、ちょっと気が楽になったり(≧▽≦)



それにしても、相変わらず私は進歩ナイ。
何度も同じ課題繰り返し出されてる。
でも、その都度、ちょっとまた違う視点を、ちょっとだけ得てるンだよね。多分。













[PR]
by jewel-of-lotus | 2013-02-14 18:45 | お試し

私の心を映す鏡


by izumiunicorn